西日本豪雨災害を受けて

西日本豪雨災害を受けて

平成30年7月6日~10日頃まで西日本地域にて、過去最大級ともいわれる未曾有の

豪雨災害が起こりました。被害に遭われたみな様に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

1日にも早い復興を心より願っております。

 

  • 発達障害の方は、感覚過敏がある人や避難所のような大勢の人が集まる場所が苦手な

人もいます。そのような方への対応について、(一社)日本自閉症協会にて、災害時の

ハンドブックを出されています。以下のURLをご参照ください。

「日本自閉症協会・防災ハンドブック」

URL: http://www.autism.or.jp/bousai/bousai-hb-honninkazoku.pdf

 

  • 「発達障害当事者会フォーラム」について

平成30年10月7日に広島県にて開催予定の「発達障害当事者会フォーラム」は、

予定通り開催致します。

今年のフォーラムは、「当事者会と社会のつながりをどう構築するのか」のテーマで、

前半はミニシンポジウムを開催致します。

特別ゲストに、公益財団法人慈圭会精神医学研究所所長(川崎医科大学名誉教授)の

青木省三先生をお迎えして行います。

 

<青木省三先生プロフィール>

1952年、広島市生まれ。1977年、岡山大学医学部卒業。岡山大学医学部神経精神医学教室助教授を経て、1997年より川崎医科大学精神科学教室教授、2018年より川崎医科大学精神科学教室名誉教授、公益財団法人慈圭会精神医学研究所長に就任、現在に至ります。

 

青木先生は、児童精神科医として長年発達障害の臨床と研究に従事された専門医です。

タレントの栗原類さんの著書『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』にも、

青木省三先生の発達障害者への対応仕方が掲載されています。

 

主な著書に「思春期の心の臨床」2001金剛出版 、「思春期 こころのいる場所」

「僕のこころを病名で呼ばないで」、「時代が締め出すこころ」2016日本評論社

「ぼくらの中の発達障害」2012ちくま新書、「大人の発達障害を診るということ」

2015医学書院など。

NHK福祉ビデオライブラリー冊子「思春期のこころの病」2009の監修もされています。

 

お申込は、7月下旬より協会webサイトから行います。多くのみな様のご参加を心より

お待ち申し上げています。